2018.09.25/火曜日
Breaking News

生じたギャップを埋めたいなら

エンジニアが転職をすると、自分の知識や技術、経験によって新たな職場で活躍できると期待しがちです。
しかし、実態としては以前まで働いていた職場との業務内容のギャップに驚かされてしまう傾向があります。それまで当然と思っていた慣習がまるで異なり、同じプログラミング言語を使うにしても環境の違いやコーディングの常識の差があるためです。
どの業務を取ってもほとんど同じということはあまりなく、そつなくこなせていた業務も戸惑いながら進めなければならなくなります。そのギャップを埋めるためには事前準備が必要になりますが、職場に出てみなければ実態がわからないのも確かです。
しかし、ギャップを埋めるための事前対策をしようと考えたら、エンジニア向けの人材紹介会社を利用すれば可能です。
人材紹介会社の持っている情報から、予め転職先の業務について知ることができます。その情報に基いて必要な知識や技術が何かを考え、転職前に習得しておくことで対策できます。
慣習の違いについても知識として知っていれば、順応するのにそれほど時間はかかりません。現場に出てからギャップの大きさに面食らってしまっていると対応が遅くなり、活躍できるようになるまでに月日がかかってしまいます。
ギャップをまず埋めなければならないという覚悟を決める意味でも情報提供を受けておくことが肝心であり、現場についてよく理解しているエンジニア向けの人材紹介会社を利用するのが合理的です。