2018.11.13/火曜日
Breaking News

管理職になりたいなら

管理職を目指すのは、エンジニアのキャリアパスとしてよく選ばれているものの一つです。
大きなプロジェクトを上の立場から動かせるだけでなく、最前線で開発に携わっているときよりも高収入になれる魅力があります。
狭き門であるのは確かであり、同じIT企業に勤めていて出世により管理職になれる人は一握りです。たまたま近い年齢に優秀なエンジニアがいるだけで、道は閉ざされてしまうことになります。
しかし、転職をすることで管理職になれる可能性があるのはIT業界の特徴です。
管理職として適性のないエンジニアが多いことを嘆く企業が多いため、有能な人材を外から入れて管理職にする方針を取っている企業が多くなっています。
この際に重要なのが、エンジニア向けの人材紹介会社を利用することです。
重要な人材の抜擢は非公開求人となっている場合もよくあり、人材紹介会社を利用しなければほとんど見つけられません。
また、希望したいような求人が見つからない場合でも、エンジニア向けの人材紹介会社ではスカウト募集のサービスを実施していることがあり、このサービスを利用すると栄転に成功する可能性があります。
スカウト募集は、自分で自己PRの広告を作成して掲載してもらうものです。これによって管理職希望で十分な実績と経験があると認められると、管理職候補を探している企業から声がかかります。
キャリアが十分である場合に管理職に転職できる可能性が高い方法として利用が進んでいるのが、スカウト募集です。